電気?ガス?キッチンカ―調理に何が必要なのか?調理機器の熱源について

別項でキッチンカー(フードトラック)の調理機器について、紹介しましたが

今回はその調理機器の熱源を紹介致します。


〈プロパンガス(LPガス)〉




コンロや鉄板、フライヤーなど色々な加熱調理機器に使用される熱源となります。


基本的にはガス会社と契約をし、ボンベを購入またはレンタルをし、ガスを充填。ガスボンベにレギュレーター(圧力調整器)をつなげ、低い圧に調整して調理機器にガスを供給します。カセットコンロより強い熱源ではありますので、本格的な調理をする場合はプロパンガスを使用しましょう。


車載、使用する際には「液化石油ガス保安規則」「高圧ガス保安法」等の規則・法令がありますので遵守するようにしましょう。


〈電気〉




IHヒーターや電子レンジや保温ジャーなどガスと同様に色々な加熱調理機器に使用される熱源となります。


出店場所で電源を借りるか、発電機を使用して電気式の調理機器を使います。電気を使用する加熱機器は1,000w(電力)を超えるものが多いので予め確認しておきましょう。また、電気式の鉄板やフライヤーもありますが、動力200Vの機材が多いので使用できない可能性があります。(200V発電機の持ち運びが困難な為)


キッチンカ―は基本的にガス・電気がキッチンカーで使用できる主な熱源となります。この他にも、簡単な加熱調理であればカセットコンロを使用するキッチンカ―業者の方もいますので、まずは提供する商品にあった機器を準備用意をしましょう。



「キッチンカ―開業講座」を随時開催中。

「失敗しない為」「成功に繋がる為」の正しい情報をお伝えしております。

【詳しくは下画像をクリック】




キッチンカー(フードトラック)の移動販売ビジネス。キッチンカーの製作、リース開業、キッチンカー出店募集情報、出店依頼はこちらまで。



【ホームぺージ】

  • Twitter
  • LINE_edited
  • Instagram

©Copyright2020 キッチンカー総合研究所  All rights reserved.

​東京都杉並区下井草4-32-14