top of page

キッチンカ―の装飾にA型看板(イーゼル)を活用しよう!!




キッチンカーへの注目が高まり、開業に踏み出す方が増える中で、集客方法に苦慮する方も多くいるかと思います。

まずは、お客様がキッチンカーの中で一番最初に目にする『看板』に力を入れてみませんか?

パッと目を引く、美味しそうなキッチンカーにしたい方は必見です。

今回は、キッチンカーの看板について紹介していきます。





A型看板(イーゼル)って何?


A型看板は、看板の種類の中でもスタンド看板(立て看板)にジャンル分けされる看板です。

飲食店を中心に入り口に設置される定番のスタンド看板です。


【A型看板の特徴】


A型看板の最大の特


徴は何といってもその形状です。A型看板という名称にもなっている「A型」は看板を横から

見た時の形がアルファベットのAの字に見えることからそう呼ばれています。

英語でも「A frame sign」などと呼ばれている事があります。


【両面看板が一般的】


Aの字という事もあり、両面に掲示している事が多く、一般的に使用の仕方となっております。

最近では、片面のみのタイプも普及してきてはいますが、まだまだ両面表示できるA型看板が一般的です。

お店の前を通る歩行者も左右どちらからでも入れる事が出来るので点灯看板として人気があります。





A型看板の材質


看板として使用するA型看板には様々なタイプや種類があります。

大きさや素材、用途などで選ぶことが大切ですが、材質の違いで選ぶのも良いかと思います。


【木製のA型看板】


落ち着いた雰囲気やカジュアル感のお店であれば木製のA型看板(イーゼル)がおすすめです。

木製は温かみがあり、どんなお店にも合います。木製イーゼルと呼ばれるものには、大きく2種類。

実際に木で造られたものと、木目柄の塗装がしてあるものの2つのパターンがあります。

価格もアルミ製よりも安く、はじめてイーゼルを購入する方にもおすすめできます。


【金属製のイーゼル】


高級感、信頼感等を演出したい場合はアルミやスチールのイーゼルが良いでしょう。

シルバー、クローム、ブラック、ゴールドと、高級感を演出するにはもってこいのイーゼルが揃っています。

スチールイーゼルはアルミに比べ、スチールの強度を活かし、フレームを細くした物が多く存在します。

フレームが細いからといって、もろいということはありません。少し変わった形のものや、高級感のあるデザインのものもあります。





A型看板の掲示方法


A型看板と言って先程紹介した材質の違いも大切ですが、実際にメニューを表示したりする看板としての掲示方法は様々あります。

大きさや素材、用途を考えると数多くの種類がありますが、ここでは大きく分けて2つ。

【作成した印刷物を差し込む・貼り込むタイプ】と【表示内容を手書きするタイプ】があります。

この選定は店舗の顔となる看板のコンセプトに大きく関わる部分なので、慎重に考えてみましょう。


【板面に印刷シートを貼り込む、ポスターを差し込むタイプ】


印刷したシートやポスターを貼り込んだり、差し込んで使用することが出来るので

綺麗に印刷したメニューや画像を掲示できます。

また、屋外用の看板シートや防水加工をしているポスターなどであれば

雨や雪の日も営業無く使用することが可能となります。

但し、メニュー表であれば、メニュー名や価格の変更、新メニューなどの差し込み等の表示内容の変更が難しい事がデメリットとなります。


【黒板やボードなどの手書き看板タイプ】


手書きの看板はその店舗の雰囲気が伝わる一番大切になるでしょう。

しかし、文字や絵が汚い場合、お客様が離れてします可能性があるので、十分に気を付けることが大切です。

デメリットとしては雨や雪など悪天候の場合には濡れてしまい、文字が消えてしまうので、使用できません。





A型看板のサイズ


A型看板のサイズは様々ありますが、大きく分けると1,000mm以下の小型なモノ、1,000~1,200mm程度のモノ、1,300mm以上の3種類に分けられます


【1,000mm以下の小型のA型看板】


1,000mm以下の小型のA型看板には、マーカーボードや黒板のタイプが多く、手書きのA型看板が主流となっております。


【1,000mm~1,200mmのA型看板】


1,000mm~1,200mmのA型看板は、サイズとしては一番一般的なモノとなっており、基本的には出力シートを貼り込むタイプかポスターを差し込むタイプとなっております。

板面のサイズが凡そB2、A1サイズくらいのモノが多く流通しております。


【1,300mm以上の大型のA型看板】


1,300mm以上の大型のA型看板は、板面がB1サイズや600mm×1,200mmあたりとなります。

看板を設置する際にはどの程度のスペースの確保が必要でどのように置くかを想定しておくことが重要です。





まとめ


今回はA 型看板の特徴について材質や掲示方法、大きさの選び方などについて解説しました。

現在では、多くのキッチンカ―店舗がA型看板を導入しています。

メニューなどを掲示する店舗の顔をそれぞれの特徴を踏まえて最適なタイプや大きさのものを選びましょう。



業界初!10万円でキッチンカー開業できるフルサポート付きの新プラン↓


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


(台数限定)キッチンカー開業予定者は必見です。


従来とは比較にならない超低投資型キッチンカー開業を実現。

しかもプロによる無料フルサポートで開業前はもちろん開業後の不安も全て解消。


ケータバンクが提供する10万円開業のフルサポートプラン 「実車見学・サービス説明会」を随時開催しています。


※少人数制の為、早めのご予約をお願いします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


bottom of page