キッチンカ―を借りて開業する唯一の方法とは?

▼レンタル開業?リース開業?キッチンカーを借りて開業する為にはどうすれば良いのか紹介しています。


【キッチンカーを借りて開業するには】



①車を借りるという事とは?

②キッチンカーリースのメリット・デメリット

③まとめ


キッチンカーを開業するには「買う」という手段の他に「借りる」という手段があります。



①車を借りるという事とは?



一般的に車を借りるサービスとしては「レンタカー」と「リース」の形態があります。

・レンタカーとは?


レンタカーとは、比較的短期間の貸し出しに使用され、車輛のナンバーが「わ」「れ」になっております。車検証上は「所有者名義」「使用者名義」ともにレンタル業者です。



・リースとは?


カーリースとは、月々一定額のリース料金を支払う事で一定期間貸し出してくれるという仕組みです。車検証上の「所有者名義」はリース会社ですが「使用者名義」はあなたになる為、自分の車のように乗る事が出来ます。



【注意】

キッチンカーを貸し出す業者の中には上記2点の手続きを行わないで、貸し出しを行っている業者が多くみられますので十分ご注意ください。これらのサービスでは事故時や保険手続き等でトラブルが発生するケースが見られます。

“キッチンカーを借りて開業するには?”



キッチンカーの場合、一番問題になる点は車輛に対して営業許可を取得するという事です。それに伴い、レンタカーの場合は以下の問題点が発生する可能性があります。

・車輛名義が営業者名義と異なる為、許可申請が受理されない


・レンタル車両が別にレンタルをした事業者にて既に同地域で営業許可を取得していて、許可申請がダブり受理されない

“つまり”

キッチンカーを「買うか」「借りるか」の判断はキッチンカーリースサービスにほぼ限定されます。

<ここで重要な事>

“そもそもよく見るキッチンカーレンタルって何なの?”

一般的にみられる「キッチンカーレンタルサービス」は実は借主が自走運転できないサービスである事がほとんどです。それは多くのキッチンカーレンタルサービスは前に書いた「レンタカー」または「リース」のどちらにも当てはまらない車輛になっているからです。


“じゃあ、キッチンカーレンタルって何なの?”


一般的な「キッチンカーレンタルサービス」は車を貸し出すサービスでは無く、車輛のキッチン設備を貸し出すサービスです。前に書いた通り、自走運転が出来ない為、レンタル業者のスタッフが現場まで車輛を搬入し、撤収も行うサービスが主流です。


つまり

一般的に見るキッチンカーレンタルサービスはキッチンカーを買うのか借りるのかという判断の対象になるサービスでは無いという事です。




②キッチンカーリースのメリット・デメリット


〈キッチンカーリースのメリット〉

初期投資が小さい(開業当初の手持ち現金が多くなる)


・未来のキッチンカー購入に対して実業務を行いながら構想を練れる(キッチンカー購入の失敗を防ぐ)


・仮に廃業する際も車輛返却のみで手軽(売却先探しや売却手続きの手間費用が掛からない)

〈キッチンカーリースのデメリット〉


・形状が決まっている事が多い為、理想の形(レイアウト・デザイン)を実現が難しい


・長期間リースをした場合は買うよりも総コストが増える


③まとめ

キッチンカーの開業手段を考える中では「買う」と「借りる」という選択肢があり、キッチンカーの「借りる(リース)」という事は初期投資を抑えて、開業のリスクを低減する方法としては非常に有効な手段であります。




業界初の低投資型移動販売開業プラン


「リース開業サービス」


【詳しくは下画像をクリック】



「キッチンカ―開業講座」を随時開催中。


「失敗しない為」「成功に繋がる為」の正しい情報をお伝えしております。

【詳しくは下画像をクリック】




キッチンカー(フードトラック)の移動販売ビジネス。キッチンカーの製作、リース開業、キッチンカー出店募集情報、出店依頼はこちらまで。

【ホームページ】

  • Twitter
  • LINE_edited
  • Instagram

©Copyright2020 キッチンカー総合研究所  All rights reserved.

​東京都杉並区下井草4-32-14