キッチンカーの仕込み場所ってどうするの?



キッチンカー(フードトラック)で営業をする際に必要な営業許可を申請する際に、提供商材や地域により「仕込み場所」が必要となる場合があります。


調理には「野菜を切る」「ソースを煮込む」「ご飯を炊く」「肉を焼く」など様々な作業工程がありますが、一般的に仕込みの作業とは、野菜や肉などを切る作業やソースを作る作業など「切る・混ぜる」などとなります。



キッチンカー内で出来る作業としては、簡単な調理や加熱、盛り付けが認められており、実際にどの調理作業が可能なのか、各営業地域の保健所によって異なる事があるので提供品目が決まったら確認しましょう。


また、提供する品目や地域によっては「仕込み場所」が必要ない(許可申請に)という事もありますので、事前に各営業地域の保健所へ相談しましょう。

ただし、仕込み場所が必要な場合は飲食店の営業許可を取得しているキッチンで仕込みをする必要があります。その場合は以下の方法で準備を進めましょう。


〈仕込み場所を作る〉


原則、仕込み場所とは営業許可(提供商材による)を取得しているキッチンが必要となります。保健所の定める基準を満たす必要がある為、仕込み場所を作るにはかなり大がかりな改装が必要となり、費用が掛かります。



〈仕込みが必要な調理工程を失くす〉


食材をカット済みの肉や野菜に変更、既製品のソースなどにして、仕込みの必要がない商材にする。


〈飲食店のキッチンスペースを借りる〉


知り合いの飲食店がある場合、空いている時間にキッチンを仕込み場所として借りる方法。既に飲食店として営業している場合は許可の問題はないですが、許可の種類によりキッチンカ―の営業許可申請が通らない可能性もあるので事前に保健所へ確認をしましょう。


〈キッチンのシェアサービス〉


営業許可を取得しているキッチンのシェアサービスを利用する方法。

月額費を払いシェアして仕込み場所を使用できるのでキッチンカーの営業許可も取得できます。しかし、注意点として複数事業者で利用してる可能性が高いで食中毒などトラブルが起きた場合の責任の所在などは事前に確認しておきましょう。


〈仕込みが要らない提供メニューにする〉


キッチンカー(フードトラック)の営業許可を取得する場合に仕込み場所を確保する方法は色々とありますが、保健所の見解は営業地域、提供品目により、様々ですのでまずは保健所へ確認に行きましょう。



このように様々な方法で現在営業しているキッチンカ―業者は仕込み場所を調達しております。開業を検討されている方は自分に合った仕込み場所の手配をしましょう。



業界初の低投資型移動販売開業プラン

「リース開業サービス」

【詳しくは下画像をクリック】



「キッチンカ―開業講座」を随時開催中。

「失敗しない為」「成功に繋がる為」の正しい情報をお伝えしております。

【詳しくは下画像をクリック】




キッチンカー(フードトラック)の移動販売ビジネス。キッチンカーの製作、リース開業、キッチンカー出店募集情報、出店依頼はこちらまで。



【ホームぺージ】

  • Twitter
  • LINE_edited
  • Instagram

©Copyright2020 キッチンカー総合研究所  All rights reserved.

​東京都杉並区下井草4-32-14