キッチンカ―の製作には要注意!!初めての事ばかりで分からないけど、どんなことに気を付けたらいいの?



キッチンカーの開業は低資金で出来る!と言っても、やはりキッチンカーを製作する費用は大きくかかります。

せっかくお金をかけて製作するなら、失敗はできるだけ避けたいもの。



「どんなことに気を付けて製作したらいいんだろう…?」




「製作業者はどうやって選べばよいのだろう…?」



初めての方にもわかりやすく、キッチンカーの大きさ選びや内装、外装など、キッチンカーを製作する際の注意点を5つお伝えします。



■目次


1 出店場所に合わせて大きさを選ぶ

2 作業人数やメニューに合わせて内装を考える

3 注目を集めるデザインにする

4 保健所の設備基準を満たす

5 信頼のできる業者を選ぶ

6 まとめ




1 出店場所に合わせて大きさを選ぶ


キッチンカーといっても、大きさは小さい軽トラサイズから大型トラックまであります。

まずは自分が出したい出店場所に合った大きさの車輌を選びましょう。


例えば、住宅街でのランチ出店をメインで考えている場合は、あまり大きな車輌では住宅街の移動や駐車スペースに制限ができてしまいます。


どんな場所に出店したいのかをしっかり検討した上で大きさを決めるようにしましょう。




2 作業人数やメニューに合わせて内装を考える



一人で作業する場合は作業スペースの広さを気にする必要がありませんが、複数のスタッフで作業を行う場合は気を付けましょう。


調理工程が多いメニューを扱う場合は広さも考えて製作する必要があります。あまりに作業スペースが小さいと、効率の悪い動きになります。提供スピードが下がってしまうことは、キッチンカーの営業ではとても大きな損です。


提供するメニューの調理工程とスタッフの動きに合わせて内装を検討しましょう。





3 注目を集めるデザインにする



キッチンカーの大きさや内装の大切さは今までの記事でもお伝えしてきていますが、外装ももちろん重要です。


印象に残るデザインにすることで、キッチンカーの良い宣伝・広告となるので力を入れたいところです。何台もキッチンカーが並ぶようなイベントに出店を考えている場合は、お客様に選んでもらえるような差別化を意識してデザインすることも必要です。


提供するメニューやお店のコンセプトに合ったデザインをよく考えて製作しましょう。




4 保健所の設備基準を満たす



キッチンカーの移動販売は、まず営業する地域の保健所に営業許可を取るところから始まります。この営業許可を取るためにはキッチンカーの検査を受ける必要があります。


給排水設備の容量やシンクの数、照明の明るさなどの基準をクリアしなければいけません。

この基準をクリアできない車輌の場合は製作し直すことになるので、よく注意しましょう。




5 信頼のできる業者を選ぶ



近年キッチンカーでの開業が人気となり、実際とは違う甘めの情報で開業を斡旋するような業者も見受けられます。どんなものでも「安くて良いもの」は、なかなかありません。


適正価格で、きめ細やかなサービスをしてくれる会社をよく見て探しましょう。

きちんとキッチンカーを製作するノウハウを把握した会社に、最低でも3~4社相談すると安心です。




6 まとめ



今回はキッチンカーを製作する際の注意点をお伝えしました。


まずは、「具体的に何を、どこで、どんな風に売りたいのか」を明確に計画してからキッチンカーの製作をすることで、スムーズに失敗なく進めることができるでしょう。



業界初!10万円でキッチンカー開業できるフルサポート付きの新プラン↓


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


(台数限定)キッチンカー開業予定者は必見です。


従来とは比較にならない超低投資型キッチンカー開業を実現。

しかもプロによる無料フルサポートで開業前はもちろん開業後の不安も全て解消。


ケータバンクが提供する10万円開業のフルサポートプラン 「実車見学・サービス説明会」を随時開催しています。


▼詳しくはこちらから

※少人数制の為、早めのご予約をお願いします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□